足の裏の臭いが臭いという人は、皮脂の分泌量が多い傾向にあります。つまり足の裏の汗腺から常に汗が出ているのですが、その頻度が多くてその時に脂分の分泌量が多いのです。
脂分が常に多いという事は、そこに雑菌が繁殖しやすい状況に有り、それが要因となって足の裏から嫌な匂いがするのです。その時に問題になってくるのは、いつも履いている靴の性能を改善することです。
完全に密封する状態が続くと、雑菌が繁殖しやすい状況になってしまうため、通気性の高い靴を毎日履くようにします。もしくは、靴を脱いで素足で生活をする習慣を増やす心掛けも大事になってくるのです。